STR環境で自分がアンリミ到達+2桁連勝2回を達成した構築についての簡単な解説記事です。

まずはレシピから。
nw13
nw19

前回の記事に載せた構築と同じですね。
どの相手でも共通して意識することから列挙していきます。

・リペアモードは簡単に使わない
見る人が見ればわかるのですが、このデッキは一見ニュートラルの枚数が足りていませんし、新カードの機械の枚数も十分とはいえません。
しかし、この問題を同時に解決できるリペアモードというカードがあります。
そのため、リペアモードは極力温存して、手札を参照するニュートラルや機械シナジーのために利用したいです。

・後4では2面処理orフェリア+マシンエンジェルと動く
当たり前といえば当たり前なのですが、重要なことなのであえて書きます。

・PP5ではジオスやフェリア+ヤヴンハールという動きを意識する
ジオスやフェリアにヤヴンハールを組み合わせたとき、単純にこれら2枚を同時に除去することは非常に難しくなります。

◎各相手ごとのプレイング
・対フェイスドラゴン
このデッキで一番勝ち星を稼ぎたい相手です。
そもそもこのデッキで目指している立ち位置が、「フェイスドラゴンに勝ちつつ、OTKやAFネメシスにもそこそこやれる」というものなので、この組み合わせは落とせません。

後4での2面処理から相手にテトラや機械魔導のゴーレムの処理を押し付けていき、ヘクトルや大鎧のミノタウロスで疾走に対して蓋をするのが主な勝ち筋になります。
相手の疾走やバーンで出る火力は決まっているので、リペアモードでリーサルをずらすこと(具体的には進化フォルテに対するライフ8点や、ドラゴンクロー+フォルテに対する9点)を意識しましょう。

☆マリガン
必ずキープ→メカゴブリン、メカニカルソーサラー
先攻のみキープ→スイーツウィッチ
後手のみキープ→テトラ、機械魔導のゴーレム

・対OTKエルフ

スイーツウィッチや機械生命体で大型守護を探してきて、PP7以降にそれらを順次立てながらリーサルを回避していきます。
また、相手が序盤にマシンエンジェルを使えていなければ、こちらのフェリア+マシンエンジェルが良く通るので、積極的に狙っていきます。
熾天使の剣が2枚程度入っていることがほとんどのため、ジオスの打点にはあまり期待しないほうがいいです。
また、先5の体力7のプリスや、後4の体力6のテトラがほぼ取られないため、それを立てるのも意識するといいです。

☆マリガン
必ずキープ→メカゴブリン、マシンエンジェル
先攻のみキープ→スイーツウィッチ
後攻のみキープ→テトラ

・対AFネメシス
大鎧のミノタウロスに頑張ってもらいます。
相手の埋まった盤面に変異の雷撃を使ってから大鎧のミノタウロスを着地させるのが主な勝ち筋です。
というより、それ以外に勝ち筋がないです。
大鎧のミノタウロスを取られないために、アナライズやレディアントでは除去ができないヤヴンハールに除去を受けてもらうようにしたいです。

☆マリガン
必ずキープ→メカゴブリン、マシンエンジェル、大鎧のミノタウロス
先攻のみキープ→スイーツウィッチ
後攻のみキープ→テトラ

ちなみにスイーツウィッチを先攻のみキープする理由は、先2ではドローの必要条件がニュートラル2枚なのに対し、後2では3枚になり、このデッキでは達成することが難しいからです。