1. 前書き
 山駆ける少女で加入する風属性のファラは、その有用性に反して復刻機会がありませんでしたが、ようやく復刻のアナウンスがありました。そこで、今回はそのファラを使ってバアルを攻略します。一見面倒くさそうですが、マウントやクリアオールに左右されない、むしろそんなものは一切必要のない攻略になっています。

2. 攻略編成
baaru2
 もうこの画像1枚ですでに見慣れないものが2つもありますね。まずは、メインの召喚石と、前から3番目のキャラについて説明しましょう。

・バイヴカハについて
baaru3

 メインの召喚石はバイヴカハです。いわゆる風属性の高級鞄ですね。今回重要なのは弱体耐性40%の部分です。実を言うと、メインは3凸したカーバンクルでも問題ないです。なぜなら、編成の目的が「天眼陣+加護で弱体耐性が90%になるので、もう10%をどこかから持ってきて弱体耐性100%を達成する」ことだからです。ちなみに、後半のクリティカル確率UPの部分は、属性攻撃力50%アップの加護と同程度には平均ダメージが伸びます。

・セレフィラについて
baaru4

 編成の前から3番目の見慣れないキャラはセレフィラといいます。なんと加入イベントが2015年3月から一度も復刻されていません。性能はというと、片面枠の防御力25%ダウンのアビリティを持っており、奥義の追加効果が再生であることに加えて、LBサポアビが味方の被回復上限アップなので、立っているだけで十分な回復支援までこなしますおまけに弱体耐性ダウンまで備えています。強さがわかりづらければ、火クラリスからディスペルと無属性ダメージを除いて、SSR標準程度の回復支援を持たせたような性能だと思ってください。オンリーワンで高性能なキャラですが、なんと加入イベントが2015年3月から一度も復刻されていません。なんと!加入イベントが!2015年3月から!一度も!復刻されて!いないのです!

・ファラについて
baaru5

 そして、今回の主役であるファラのアビリティです。2アビのフェイントは、50%の確率で発動する幻影1枚を1ターンだけ味方に付与するというものです。はっきり言って、大して有用な効果ではないです。ファラの要はその下の3アビにあります。これの効果をちゃんと書くと、「かばう効果+
自分に全属性50%ダメージカット」です。奥義ゲージの消費が50%もありますし、この効果だけでは特別強力であるとは言えません。しかし、使用間隔が3ターンとなれば話は違います。例えばチャージターン2以上で単属性の単体攻撃しかしない相手は、カーバンクルのループとこのアビリティだけで完封です。今回戦うバアルのソロモンの慈音は2属性の攻撃ですが、それでも要所でカーバンクル2種類を合わせてしまえば怖いものではありません。ということで、次は武器と召喚石の編成です。

・装備について
baaru6
baaru7

 メイン武器に設定されているのは、マナリアンホーリーロッドというイベント産の杖です。この枠は風属性の杖であれば何でも構いません。武器編成については他に説明は必要ないでしょう。
 召喚石はさきほども言った通り、バイヴカハを含む土属性のカーバンクル2枚に加えて、光属性のカーバンクルを2枚用意しています。今回の攻略ではバアルがブレイク状態になるのが本体HP57%付近であるため、どちらかのカーバンクルを3枚に増やすよりも、ブレイクキープを入れたほうが結果的に被ダメージが減るためメドゥーサを採用しました。

・残りの弱体耐性10%
baaru8

 先ほどバイヴカハの項で、弱体耐性が少なくとも90%確保されていることは確認しましたが、残りの10%をどこから持ってくるかについては述べませんでした。画像のように、コルワに関してはLBを弱体耐性に10%分振ることで解決しています。しかし、ファラとセレフィラはどうでしょうか?実はこの2人のサポートアビリティは「弱体耐性アップ」であり、その効果値はぴったり10%です。これでパーティメンバー全員分の弱体耐性が100%になっていることがわかりました。あとは勝つだけです。

3. 実際の攻略
baaru10

 まずはサポートにティアマト・マグナを選びましょう。弱体回復によって防御ダウンが消去されてしまうことを防げますし、攻撃ダウンと幻影も噛み合います。

baaru9

 さて、バアルと戦うときには、本体よりも先に厄介なデバフを使うマイムールから倒すのが一般的だと思います。しかし、今回はそんな小物は無視して本体だけ狙います。そう、弱体耐性100%ですからね。

baaru11

 本体は1ターン目にアダドの境界という特殊行動を使ってきます。全体に1000程度の土属性ダメージと調律を付与する攻撃ですが、天眼陣の防御力アップやコルワとクロエの土属性ダメージ軽減によって、受けるダメージは500程度にまで減りますし、弱体耐性100%のキャラに調律は当然無効です。

baaru12

 非OD時のチャージ技はハッドゥの雷です。ランダムな対象に3回土属性ダメージ+最後の対象に麻痺効果というものですが、土鞄を召喚すればダメージは1回当たり500未満にまで減りますし、麻痺もやっぱり無効です。

baaru14

 OD状態になるとチャージ技がソロモンの慈音になりますが、HP50%までのダメージは見てのとおり大きくありません。バアル本体の弱体効果を1つ回復する追加効果があるので、セレフィラの1アビかティアマグのデバフから消えるように調整します。調律の追加効果もありますが、無効です。

baaru15
baaru16

 ODゲージの超過ダメージ分を含めて今回はHP54%からブレイク状態です。また、HP50%に特殊行動でハッドゥの雷があります。ティアマグのデバフが切れているときにカット無しで受けると、画像のように1回あたり2500ダメージを受けるため、HPに不安があるならブレイクキープよりも土鞄の召喚を優先します。麻痺の対象が単体から全体になっているらしいですが、無効なのでよくわからないですね。

baaru17

 HP42%地点でブレイク状態が解除されました。できればもっと削っておきたいですが、記事の情報を集める必要があったのでやむなし。

baaru18

 HP50%以降は真の力を解放して攻撃力が上がります。非OD時のハッドゥの雷は約2倍のダメージに。

baaru19

 攻撃力が上がったソロモンの慈音を受け続けると、さすがにHPが足りません。そこでファラの3アビを使います。すると、画像のように0ダメージの山ができあがります。追加効果にバアルの弱体回復があることだけは忘れずに。調律は知りません。

baaru20

 ちなみに土鞄のカットのみで受けたときのダメージがこちら。1人にダメージが偏ると、HPが半分も削られます。逆に言えば、多くても半分しか削られないため、背水がちょうど良く乗るとも言えます。

baaru21

 HP10%で特殊行動ソロモンの慈音です。ワンパンマンが入ってきては一瞬で全滅するアレですね。しかし、ファラに受けてもらえばノーダメージです。チャージ技と連続で受けた場合は、弱体効果が2つも消えてしまうので、デバフアビリティをこの後すぐ使えるようにしておきましょう。

baaru22

 参戦者が多いとやけに固く感じることもある残りHP10%ですが、ソロなら驚くほど
あっという間に終わります。他の参戦者にデバフを消されることがないためですね。

baaru23

 今回は記事の情報を集めながら戦ったため17分かかっていますが、実は普通に戦った場合には、コルワの乗りが良ければ10分もかかりません。バアルの本体はHPが1億3000万程度しかないためですね。同カテゴリ内のガルーダやアテナのHP2億と比較すると、対策さえ完璧なら格段に倒しやすいと言えるでしょう。

 余談ですが、同じく厄介なデバフが特徴のゼノ・ウォフマナフも、弱体耐性を100%にした編成で完封することができます。どうしても倒せないときには頼ってみてはいかがでしょうか?