1. ラムダ式内での変数の束縛
例えば、
A = (lambda x = input() : lambda y = f(x) : g(x,y))()()
などとすると、input()の値を使った式(例えばlen(x)とか)を、すぐに同式内の関数g(x,y)で使えるようになる。
これはもちろん、
A = (lambda x = input() : lambda y = f(x) : lambda z = g(x,y) : lambda w = h(x,y,z) ... ()()()
などと連鎖できる。
xに入れるのは、input()に限らず、適当に乱数を生成する式とかでもいいので、見た目の割には使える。
ちなみに、後ろの()内で変数を束縛してやるやり方だと上手くいかない。

2. ジェネレータの値でラムダ式の変数を束縛する
ジェネレータの値は使いきりなので、ループ内でジェネレータの同じ値を何回か使うとき、例えば、
gen = 何かジェネレータ
として、
for _ in range(n):
    A = (lambda x = next(gen): [f(x, i) for i in range(m)])()
のようにラムダ式内で代入してしまうと1行ですっきり書ける。

3. ラムダ式内での再帰と皆大好きフィボナッチ数列
fibonacchi = lambda n: (lambda fib: fib(fib, n))(lambda fib, n: fib(fib, n-1) + [fib(fib, n-1)[n-1] + fib(fib, n-1)(n) ] if n > 0 else [0, 1])
のようにラムダ式内でも、再帰ができる。
ちなみに、めちゃくちゃ重いので使う意味は全く無い。
フィボナッチ数列が欲しいだけなら、
from sympy import var, series
var('x')
series(x / (1 - x - x**2))
としてやれば、級数展開した係数にフィボナッチ数列が出てくるし……